今日も尼崎・福知山線の事故と鉄道関連の記事についてふれてみる。

JR脱線事故の死者96人に 1両目になお9人
JR西「営業優先」の死角、1秒単位で遅延チェック
車掌も速度超過認識の疑い 県警にJR聴取と異なる供述
「直ちに置き石とは言えず」事故調査委見解
女子大生2人死亡…同志社大キャンパスの悲劇
不明家族、疲労も不満もピーク「何でもいいから情報」
JR西3日連続オーバーラン…“添乗”不要の運転士
12Mオーバーラン…JR九州、経験2カ月の運転士
朝日とZAKZAKからめぼしい記事を集めてみました。
昨日は車掌・運転手にコラ!とか言いましたが、どこまで本気で受け止めていいかはわからないものの、
JR西日本の体質が虚偽報告をしてしまいたくなるような状況においてしまったかもしれないという話が出てきた。
もちろんそれであっても虚偽報告をしてしまうのは大いに問題。極端なスピードの出しすぎも問題。
しかし、社員に妙なプレッシャー・精神的苦痛を抱かせる「教育」もなんだかなあ・・・
実際に経験してないし、報じられている内容しか知らないわけだから断定的な物言いはもちろん出来ないけども、
報じられていることがほぼ実際の状況を物語っていたのであれば、
JR西日本の体質に大きく焦点があてられるでしょう。
過去に社内の「異常教育」が事件に繋がったケースは多いわけで。
死者の数は時間がたつごとに増えていき、わかっている段階で96人に。
まだ車内に残されている人がいるらしく、死者は100人を越えてしまいそうです。
約600人が乗っていたと言われているわけだから・・・15〜20%の乗客の命が奪われたことになりますね。
「同大キャンパスの悲劇」の記事を見て、自分の鉄道の利用の仕方を顧みてみた。
例えば大崎から新宿に埼京線で向かう場合、東口か西口に出たいならば先頭車両に、
南口に出たいならば2両目に乗る。
そうでなくても、湘南新宿ラインに乗り換えない場合は、大抵がこの車両に乗る。
新宿駅埼京線のホームは、後ろのほうはタイムズスクエアのある出口に近く、
こちらは山手線や中央線、私鉄の小田急線、京王線の乗り換えが、
いったん改札を出て道を渡らないと出来なくなっている。
新宿で乗り換えのために下車をする場合は、1,2両目に乗るのが便利。
そのせいか1、2号車両は混み合うことが多い。
山手線で大崎方面から渋谷に向かい、ハチ公口から降りる場合も先頭車両は便利です。
もしこの区間で同様な事故が起こったら・・・考えるとめちゃくちゃ怖い。