深夜に興奮

スーパーアグリF1佐藤琢磨が8位入賞を果たし、
参戦2年目のチームに初のポイントをもたらした。
ピットから出てくるフィジケラとのポジション争いは、
塩原アナウンサーの、意外とギリギリなのかなあ?
という実況とともに楽しめましたね(笑)
しかし、マシンが間に合わず、参戦初年度はほとんど旧式のマシンを使って
レースをしていたチームが、周りのトラブルもあったとはいえよくやりましたよ。
そして、2度目のF1現地取材となった世界のコメディアン、
マサトシハマタは、前回がホンダのバトンの優勝に立会い、
今回はスーパーアグリの初入賞に立ち会うと。
これはフジテレビとしても、日本の絡んだチームにとっても、
また呼ばなければいけない存在ですね(笑)