日曜回顧

雨の降る中ではありましたが、せっかくなので府中に行きました。
幸運なことに、ついたときは止んでいましたが、この時期にしては冷え込む気候と
雨が災いしたのか、スタンドに人があまりおらず、
とてもGIの雰囲気ではありませんでした。
びっくりしたのが、自由席にかなりの空きがあったことですね。
8Rのころ到着したのに、さっと座ってその後ずっと居座れたくらい。
ただ、そこで幸運を使い果たしたのか、馬券は散々でしたが・・・

NHKマイルC

あれほど人気で本命を決めるべきでないと自戒しておいて、このザマですよorz
と嘆いても嘆ききれないディープスカイの完勝劇でした。
道中は中団内寄りを追走。
直線で先行馬を含む多くの馬が大きく外に持ち出す中、
回ったなりとでもいうべきコーナーワークで進出。
先に抜けたブラックシェルに内から並びかけて競り合いになりましたが、
最後は2馬身弱突き放しての勝利でした。
やはりここ2戦の内容どおり、力は上だったようです。
ただそれ以上に、無理に外に持ち出さなかった鞍上のプレイもほめるべきですね。
これは2,3着馬にもいえることです。
ただし四位騎手は、検量室前に戻ってきたときに、
両手掲げてガッツポーズしたせいで振り落とされてしまうとは、
ちょっといただけないですね。
最初テレビで見てた友人から聞いたときはわらいましたが、
12Rで乗替になったわけですし、これで降ろされたりしなけりゃいいですけど。
2着ブラックシェルは、やはりマイル適正があったんでしょうね。
後藤騎手も持ち味を生かした騎乗をしましたし、
このコンビは今後も継続なら面白いかもしれません。
長いとは思いますがダービーにも行くんですかねえ。
ダノンゴーゴーは出遅れてしまいましたが、
直線思い切って内に入った鞍上の好判断もあり3着へ。
ベストは短いところだと思いますが、前走はレースになっていませんでしたし、
あれで1600Mを長いとするのは早計だったのかも。
今日はこの3頭が他馬より1,2歩抜けているといった印象でした。
他の馬たちは、今後の成長に期待したいところです。
ドリームシグナルみたいにコースがわりでかわった馬は、
今後近い条件で注目したいですし、
逆に東京マイルが微妙に思えるレースをしたエイシンフォワードは、
短縮かコースがわりで再度注目だと思います。

その他のレース

2日連続で赤木騎手が度肝を抜かせてくれました。
ここでフサイチアウステルが復活するとは思いませんでしたよ。
先輩の持っていたサンスポは、調教評価がかなり良くて、
調子アップ&距離短縮で一変したんでしょうね。
ブラックタイドも得意の京都で久々の好走。
かつてクラシックを盛り上げた馬が、100万馬券を演出しました。
オアシスSではアドマイヤスバルゼンノパルテノン相手に完勝。
こちらも東京巧者ぶりを発揮しましたね。
来年のフェブラリーSに出てくれば面白そうです。