日曜展望

相変わらず体調が悪い方に停滞しており、リズムを取り戻せないでいます。

せめて馬券くらいはいい方に持っていきたいのですが……

更新時間が遅れてしまったので、予想は優駿牝馬(オークス)のみです。

ライオンボス、アイビスSD楽しみですね。

優駿牝馬

◎エールヴォア

◯クロノジェネシス

▲シャドウディーヴァ

☆シェーングランツ

△ラヴズオンリーユー

△ウィクトーリア

△フェアリーポルカ

△カレンブーケドール

△ダノンファンタジー

△ビーチサンバ

桜花賞馬不在で2着馬がいかにもスピードが勝ったダイワメジャー産駒、

となると他路線組が人気するのは何となくわかります。

が、個人的には桜花賞で能力を発揮出来なかった馬の巻き返しがあるとみています。

本命はエールヴォア。

桜花賞はレースぶり次第では……と期待しましたが、

スタートからスムーズさを欠き実力を発揮出来ず。

それでも大きく負けなかったことでこの馬の力を感じました。

今回の舞台がより向くことは間違いないですから、

あとはスタートを五分に決めて積極的な競馬が出来れば馬券に絡めると思います。

相手筆頭はクロノジェネシス

1枠2番で直線の捌きが課題になりますが、

東京コースで発揮できる脚は確かなもの。

折り合いを気にしすぎて変にためないでほしいですね。

内がぽっかり空く今の東京を考えると思いきって内をつくのもありかもしれません。

続いてシャドウディーヴァ。

前走はロスなく立ち回っての結果とも思えますが、

むしろ追いだしを待たされて苦しい競馬だったと思います。

いい枠を引いたので今回はスムーズな競馬で末脚を繰り出してほしいですね。

特注はシェーングランツ。

コース適性は十分。末脚ではあと一歩足りないと思えるので、

いつもと違う競馬をしてほしいところです。

馬券は◎の単複、馬連◎軸流し、◯▲☆、3連複◎1頭軸流し、◯▲2頭軸流し。

日曜展望

プリンシパルS終了後に更新となるくらいはまだまだ体調微妙です……

昨日はサトノアレスが取り消さないで結果が一緒なら、

回収額増えていたんですけどね……

本命のロジクライは正直かなりもったいない競馬で、

まともならリナーテには交わされていなかったと思うのですが……

ここ一番で中々いい競馬をしてもらえないのが歯痒いですね。

今日は栗東Sを軽めに、ヴィクトリアマイルをしっかり目に予想します。

栗東S

◎エポック

条件、枠、鞍上と好転しているエポックが人気の盲点になっていて

狙い目ではないでしょうか。

前半ある程度の位置が取れれば一発の可能性十分です。

馬券は◎の単複。

ヴィクトリアマイル

◎プリモシーン

アマルフィコースト

▲ラッキーライラック

☆レッドオルガ

☆ミエノサクシード

△アエロリット

△フロンテアクイーン

デンコウアンジュ

△クロコスミア

△ミッキーチャーム

誰が見ても明らかな高速馬場で、1分31秒台の結果も見えています。

あまり後ろからだと当然届かず、

10番手以内or前からあまり離されない位置で競馬が出来ることが鍵になるでしょう。

本命はプリモシーン。

高速馬場への適性はいうまでもなく、

ディープインパクト産駒らしい決め手も持っています。

奇数ゲートに入ったことによるスタートが鍵になりますが、

ある程度の位置で運べればチャンス十分です。

相手は捻ってアマルフィコースト。

高速馬場は短距離向きのスピードも重要。

1200,1400でもしっかり走ってきていて、マイルでも実績があるこの馬は

絶好のねらい目だと思います。

ラッキーライラックは時計への対応力が課題ですが、

母系はアメリカダート血統ですし、対応出来ておかしくありません。

実力はこの中に入ればもちろん上位です。

レッドオルガは東京新聞杯で高速馬場への適性をしめしており、

ここも上位は間違いないでしょう。多頭数で踏み遅れたときに懸念はありますが……

レッドを特注とするには人気しすぎているので、

穴からはミエノサクシードをあげます。

東京マイルは課題ですが、血統的には高速馬場もこなせてよさそうですし、

最近は位置も取れるようになっていますから、一発の可能性が十分あります。

馬券は◎の単勝馬連◎軸流し、◯▲☆×2ボックス、ワイド◎-○、3連複◎1頭軸流し。

土曜展望

GW後半から体調を崩し、今日に至るまでまだ完調とは言えない状況です。

先週末の競馬もかしわ記念くらいしかまともに見ることが出来ませんでした。

今週はみて楽しめる余裕が出てきたので、予想を再開します。

本当は京都HJに間に合うくらいには更新したかったのですが、

まだまだ厳しいですね。

都大路S

◎ブラックバゴ

◯サトノフェイバー

エイシンティンクル

☆サンマルティン

△ソーグリッタリング

△テリトーリアル

△ヒーズインラブ

人気の盲点になっていそうなブラックバゴを狙います。

1800Mはやや距離不足の感もありますが、

先行馬がそこそこ揃ったことで決め手が生きる流れになりそうですから、

一発の可能性を秘めていると思います。

馬券は◎の単勝馬連◎軸流し、3連複◎1頭軸流し。

京王杯SC

ロジクライ

◯タワーオブロンドン

キャナルストリート

☆ドーヴァー

△トゥザクラウン

△サトノアレス

△エントシャイデン

△リナーテ

△ストーミーシー

△リライアブルエース

△スターオブペルシャ

正直、全頭流しでもいいくらい1400Mで魅力的なメンバーが揃いました。

唯一出来るとすれば大外、展開が向くか微妙なスマートオーディンを切って、

高配当を狙うくらいですかね……

本命はロジクライ

近走距離を詰めてきていますが、折りあいに難があることを考えると、

東京1400Mはうってつけの条件。

先行して後続に脚を使える競馬が出来れば勝ち負けできると思います。

相手筆頭はタワーオブロンドン。

マイルよりはこの条件でしょうし、前回より流れも向きそうなので当然上位です。

キャナルストリート、ドーヴァーも、条件、枠に恵まれていますので、

上位との差はそれ程ないと思います。

馬券は◎の単勝馬連◎○▲☆ボックス、3連複◎1頭軸流し、3連複◯▲2頭軸流し。

月曜展望

新潟大賞典

◎スズカデヴィアス

◯アストラエンブレム

ロシュフォール

☆ブラックスピネル

△メートルダール

△クリノヤマトノオー

△ミッキースワロー

△エアアンセム

△ルックトゥワイス

△ショウナンバッハ

△アウトライアーズ

本命はスズカデヴィアス。

昨年このレースを勝ってからは精彩を欠いていますが、

条件や展開など言い訳できる部分も少なくないです。

内枠&良馬場でやれる今回は、近走では一番条件がいいので、

前半の位置取りが後ろ過ぎなければ、復活して全くおかしくありません。

対抗はアストラエンブレム。

近走復調気配を見せており、得意な新潟ならさらに前進が期待できます。

続いて上がり馬かつ人気ですが、条件あうロシュフォール

特注としてわ流れが向きそうなブラックスピネルにも警戒したいです。

馬券は◎の単勝馬連◎軸流し、◯▲☆、

3連複◎1頭軸流し、◯-▲☆-▲以下流し。

 

日曜展望

ここ最近どうにも体調が安定せず、なんとかGWに滑り込んだような状況です。

10連休をしっかり楽しんで英気を養いたいところですが、

馬券を当てて心の充足も得なくてはいけません。

そういうわけで、日曜から競馬予想を再始動させます。

心の充足を得ようとして逆効果にならないように気をつけましょう。

載せる予想は東西メインと香港2レースです。

スイートピーS

◎クールウォーター

◯セリユーズ

▲カレンブーケドール

☆サムシングジャスト

△アフランシール

△レッドアネモス

△ランペトゥーザ

上位人気3頭が強そうですが、人気順かといわれるとさてどうでしょうね。

ここはトライアル血統のクールウォーターのに期待します。

デビューから2000M以上を使われていますが、

レースぶりからこの条件が向かないはずはなく、

鞍上も継続騎乗なので期待は持てると思います。

馬券は馬連◎軸流し、3連単◎1着固定流し。

2,3着穴を期待して単勝ではなく3連単にしました。

天皇賞・春

◎グローリーヴェイズ

◯エタリオウ

▲カフジプリンス

☆チェスナットコート

△フィエールマン

△ユーキャンスマイル

△パフォーマプロミス

△ヴォージュ

△クリンチャー

長距離にしてはスピードが求められるレースにもかかわらず、

4歳&ディープインパクト産駒とあまり相性がよくないというのは、

なかなか興味深いですね。

ただ今年の馬場、メンバーからは

そのどちらもデータ破りな結果になる予感がしています。

本命はグローリーヴェイズ。

関東馬でいて京都実績が豊富かつ結果が出ていること、

間隔をあけて使っても結果を出せる尾関厩舎所属ということで、

4歳のディープインパクト産駒でも狙いたくなる存在です。

春天関東馬との相性もよいですしね。

枠はそこそこで内に逃げ馬もいるので、内めのいいポジションを取れそう。

後ろから行くようなことがなければ勝ち負けできるはずです。

対抗はエタリオウ。

父に比べればこの時期までの実績は大幅に上。

内枠はやや不安も仕掛けるタイミングさえ間違わなければ

当然上位の存在です。

穴はハーツクライ産駒の2頭。

カフジプリンスは鈍足&京都微妙なイメージがあるかもしれませんが、

新潟記念3着など高速馬場にもそれなりに対応は可能で、

勝負所でおかれなければ再度の好走もみえてきます。

チェスナットコートは昨年だけやれたら通用するはずなので、

あとは調子が戻っているかですね。

馬券は◎の単勝馬連◎軸流し、◯▲☆、3連複◎1頭軸流し、◯-▲☆-▲以下

 

チェアマンズスプリントプライズ

◎ピートザクロック

◯エンゾーズラド

▲サンタアナレーン

△ラタン

△ウィナーズウェイ

△ナックビーナス

ミスタースタニングの回避でビートザクロックに大チャンスが巡ってきました。

オセアニアGI馬もいますが、地の利を生かして押し切り勝ちを決めてくれるでしょう。

日本馬ナックビーナスには思いきって逃げてほしいですね。

馬券は馬連◎軸流し、3連単◎1着固定流し。

クイーンエリザベス2世C

パキスタンスター

リスグラシュー

▲ウインブライト

☆イーグルウェイ

△ディアドラ

△エグザルタント

△フローレ

△ワイクク

ダークドリーム

前走ようやくいいところみせてきたので、

パキスタンスターの連覇に期待します。

内枠引いたので去年を再現するようなレースが出来れば面白いでしょう。

相手はリスグラシュー、ウインブライトの日本勢。

外枠ですがハマれば怖いイーグルウェイが穴です。

馬券は◎の単勝馬連◎軸流し、◯▲☆ボックス、

3連複◎1頭軸流し、◯▲☆。

日曜展望

昨日のアーリントンC、3連複9頭ボックスが最適解でしたね……

といっても84点になりますし、そんな馬券を毎回買うわけにはいかないのですが……

ここぞ!というレースの選択肢として、今後考えてみます。

中山GJはオジュウチョウサンがカラジも達成できなかったGJ4連覇を達成。

成し遂げるすごさ以上に、挑戦できるすごさも感じます(カラジは直前で故障)

次走、宝塚記念を想定しているそうですが、

無理はせず無事に駒を進められることを願います。

さて皐月賞が行われる日曜日は、

絶対的な人気馬もいますが、波乱を見込める要素も少なくありません。

天気も微妙ですし、どうつかむかでしょうね。

予想はOP2つを本命のみで軽く(馬券は単複)、重賞2つをしっかり目に行います。

京葉S

◎モアニケアラ

多くの馬が出走している千葉Sよりペースが早くなりそうなので、

無欲の追いこみが出来そうなモアニケアラの一発に期待します。

斤量増で人気落ちるならしめたものですね

福島民報杯

◎アウトライアーズ

展開はさほど早くはならなさそうなので、

外からひとまくり出来そうなアウトライアーズが狙い目と見ました。

アンタレスS

◎テーオーエナジー

ウェスタ―ルンド

▲アナザートゥルース

マイネルオフィール

△ヒラボクラターシュ

△ナムラアラシ

△ロンドンタウン

△グリム

△メイショウスミトモ

△リーゼントロック

本命はテーオーエナジー

前走は好位追走も終始リズムが悪かった印象。

今回斤量増は課題ですが、流れ、枠など好転する条件の多さでカバーできると思います。

相手筆頭は順当にウェスタ―ルンドと進境著しいアナザートゥルース。

特注で馬場渋って巻き返しありそうなマイネルオフィール。

馬券は◎の単勝馬連◎○▲☆ボックス、3連複◎1頭軸流し。

皐月賞

◎ダノンキングリー

◯ヴェロックス

▲サ―トゥルナ―リア

☆ニシノデイジー

△アドマイヤマーズ

△ランスオブプラーナ

△サトノルークス

△ラストドラフト

△ブレイキングドーン

サ―トゥルナ―リアが、もう一段上のギアにあげてスピードを出せるかがカギですね。

しがらき調整でぶっつけというのが、

天栄調整でぶっつけのグランアレグリアと同じように行くかは未知。

正直、まだスピード面で不安を感じているので3番手評価とし、

スピード面で強みがある馬から勝負です。

本命はダノンキングリー。

斤量差、展開利があったとはいえ、

アドマイヤマーズをあっさり突き放した前走内容は圧巻。

中間の雨でややタフな馬場になっているのは正直不安ですが、

当日の雨はもちそうですし、中団で脚をためられれば直線はじけてくれるでしょう。

対抗はヴェロックス。

まだ完成途上の印象はありますが、

それでも通用するだけの競馬をこれまでにしてきていますから、

気分よく運べれば上位進出出来ると思います。

特注はニシノデイジー

前走はのびない内にいってしまったのが敗因。

鬼門の8番枠ですが、まともなら低評価を覆す走りをしてくれるでしょう。

馬券は◎の単勝馬連◎軸流し、◯-☆、3連複◎1頭軸流し、◯☆2頭軸流し。

土曜展望

アーリントンC

◎ミッキーブリランテ

◯ヴァンドギャルド

▲ジャミールフエルテ

☆ロードグラディオ

△ヴァルディゼール

フォッサマグナ

△カテドラル

△トオヤリトセイト

イベリス

フルゲートとなった今年のアーリントンC

人気を集める馬はいますが、

個人的には実力伯仲と考えています。

本命はミッキーブリランテ。

自在味あるレースぶりができて、

しっかりとした決め手を持っているのが強み。

今回は外枠を引きましたが、前で運びたい馬が揃ったことで、

スムーズに回ってこれそうですから、ちょうどいいでしょう。

今度は単独1着で、坂井騎手に重賞をとってほしいですね。

相手筆頭はヴァンドギャルド

今回は馬場もなにもかも一番向きそうな言い訳できない条件なので、

せめて連対がほしいところ。

▲☆の2頭も人気ほど差はないと思うので、穴に一考の価値アリです。

馬券は◎の単勝馬連◎軸流し、◯▲☆ボックス、3連複◎1頭軸流し。

中山GJ

マイネルプロンプト

オジュウチョウサン

▲タイセイドリーム

ニホンピロバロン

△ルペールノエル

△シンギングダンサー

△ミヤジタイガ

オジュウチョウサンは当然強いのですが、

前回最終障害で危なかったところは、

今回のレースを考えるとやや不安です。

そこでマイネルプロンプトの逆転に期待します。

中山コースへの適正が高いこと、

初の大障害でもきっちり対応した昨冬のレースをみても、

進境著しいところがあります。 

後半のペースアップについていければひょっとするかもしれません。

馬券は◎の単勝馬連◎-◯▲、馬単◎→◯▲。

3連複◎◯2頭軸流し。