日曜展望

自分の体調が相変わらず低空飛行を続けており、

気候の変動が激しいこともあってなかなか気分が上がりません。

ただ、ユニコーンSに週中の帝王賞と競馬でよいレースを見られたのはよかったです。

これで馬券が伴うともっとよいのですけどね。

野球のほうは、ホークスの試合がハラハラする内容が多く、

仕事中に途中経過をみると精神的に悪いので帰ってから結果だけ見ています。

岩嵜……

大沼S

◎メイショウワザシ

◯ダンツゴウユウ

▲ナムラカメタロー

☆ロードアクシス

△リアンヴェリテ

△ハイランドピーク

△アディラート

△カラクプア

△サングラス

昨秋から今春にかけて実績を積んできたナムラカメタローは休養明けで58kgを背負い、

昨夏北海道シリーズで大活躍のリアンヴェリテはマークされる立場なので、

どちらも楽ではありません。

ここは行く馬を見ながら運べそうなメイショウワザシが面白そうです。

ここ数戦は逃げていますが、行く馬を見ながらレースを進めることもできますので、

リアンヴェリテを行かせて外からプレッシャーをかける競馬が出来れば

勝ち負けできるでしょう。

馬券は◎の単複、馬連◎軸流し、3連複◎1頭軸流し。

 パラダイスS

◎ワンアフター

スマートオーディン

▲ボンセルヴィーソ

ボールライトニング

△ストーミーシー

△レインボーフラッグ

△ムーンクエイク

△ショウナンライズ

アマルフィコースト

△ゴールドサーベラス

天候不順かつ差のないメンバーでオッズが混とんとしています。

上位勢に信用できる要素は少なく、思い切って振り回しても問題ないでしょう。

本命はワンアフター。

OP2戦は見せ場のない競馬ですが、

ここは外目の枠、馬場悪化、左回りの1400Mと一変要素が揃いました。

自分の競馬に徹することが出来れば面白いと思います。

馬券は◎の単複、馬連◎軸流し、〇▲☆ボックス、

3連複◎1頭軸流し、〇▲2頭軸流し。

宝塚記念

◎レッドジェニアル

◯キセキ

▲クロノジェネシス

☆ダンビュライト

ワグネリアン

△ラッキーライラック

△サートゥルナーリア

△モズベッロ

△スティッフェリオ

ペルシアンナイト

雨は大丈夫かと思ったら15時手前から急な大雨……

すぐに小降りになったようですが、

良馬場発表となった馬場もあっさり稍重に逆戻りです。

馬場を正確に予測するのはもはやあきらめていますが、固い馬場ないことは確か。

力を要する馬場に適性がある馬を狙いたいですね。

本命は大きく振りかぶってレッドジェニアル。

GIでは一歩どころか二歩くらい足りない競馬が続きますが、

力強く差し切った京都新聞杯

出遅れながらも最後差のないところへ食い込んできた鳴尾記念には見どころあり。

スタートを決めて中団からロスなく運べれば、

馬場のアシストでひょっとするかもしれません。

相手筆頭はキセキ。

春天は不適な条件もあきらめない競馬で6着に残ったことは評価できます。

カギになるスタートをある程度決めて外から押してポジションをとれれば、

昨年同様の好走が見込めるはずです。

人気ではクロノジェネシス

外枠は今の馬場を考えると何とも言えませんが、

好位を取れるようなら上位争いは必至です。

本命同様に穴で面白いのはダンビュライト。

去勢明け2戦目で一気に条件が好転しますから、

前目で自分の競馬が出来れば一発の可能性は十分にあると思います。

馬券は◎の単複、〇の単勝馬連◎と○軸流し、ワイド◎-〇▲☆、

3連複◎1頭軸流し、〇-▲☆-▲以下

日曜展望

体調不安定なまま淡々と1日が過ぎていく状態が続いています。

競馬で予想も馬券もバッチリなら気分だけは多少マシになるかもしれませんが、

中々冴えてこないのが苦しいところです。

函館SS

◎ライトオンキュー

◯フィアーノロマーノ

▲ジョーマンデリン

☆ダイメイフジ

△ダイアトニック

△エイティーンガール

△シヴァージ

△メイショウショウブ

△グランドボヌール

ティーハーフ

時計の出る函館なら休み明けでもライトオンキューに期待します。

展開があまり早くならないかもしれないので位置取りがカギになりますが、

さばきやすい枠から仕掛けどころを誤らなければ勝ち負けできるでしょう。

馬券は◎の単勝馬連◎軸流し、〇▲☆ボックス、3連複◎1頭軸流し、〇▲☆

米子S

◎カツジ

◯モズダディー

▲レッドヴェイロン

☆ミッキーブリランテ

△ダノンチェイサー

△メイショウオワラ

△プロディガルサン

△スマイルカナ

△ミラアイトーン

桜花賞3着馬のスマイルカナが参戦し、先頭争い激化が想定されます。

狙いは差し、追い込みでしょう。

本命はカツジ。

前走も期待しましたが、さすがに距離が長く流れもあわなかったようでした。

意外にも阪神は初出走ですが、中山の走りから問題にしないでしょう。

むしろこの馬向きではないかと考えています。

馬券は◎の単複、馬連◎軸流し、〇▲☆ボックス、3連複◎1頭軸流し、〇▲☆

ユニコーンS

◎デュードヴァン

◯カフェファラオ

▲タガノビューティ-

☆メイショウベンガル

△フルフラット

レッチェバロック

サンライズホープ

△サンダーブリッツ

△ラブリーエンジェル

強い競馬で2戦2勝のカフェファラオですが時計の裏付けはなく、

今回どこまで時計を詰められるかがカギになります。

レーン騎手の調子を含めると、ここは取りこぼしが考えられそうです。

本命はデュードヴァン。

東京マイルで3戦3勝で、時計・レース内容とも申し分ありません。

最内なのでスタートがカギですが、

きちんと位置を取れればここでも勝ち負けでしょう。

馬券は◎の単勝馬連◎-〇▲☆、3連複◎-〇☆-▲以下

日曜展望

昨日関東を襲った突然の大雨には驚きました。

自分の住んでる場所では、出かけている時間こそ雨は降りませんでしたが、

雷が頻繁に鳴っていたので急ぎ足で帰宅することに。

東京競馬場のある府中市は1時間に50mmの豪雨となり、

馬場状態も14時時点で芝が稍重

例年の高速時計とはことなる決着になりそうですね。

安田記念

◎アーモンドアイ

◯アドマイヤマーズ

▲ダノンキングリー

ペルシアンナイト

△インディチャンプ

△ノームコア

△ダノンプレミアム

△クルーガー

先述の通り稍重で行われることになりそうな今年の安田記念

といっても、回復傾向なので良に近い稍重といった状態かと思います。

それでも近年みられる高速決着とはならず、

早くて1分32秒台後半の決着が想定されます。

そんな状態でもアーモンドアイの軸は揺るがないでしょう。

前走はある程度仕上がってこそいましたが、2着以下を全く相手にしない完勝。

中2週、想定より悪化した馬場に不安がないわけではありませんが、

スタート決めてある程度の位置で流れに乗れれば、まず負けないと思います。

相手筆頭はアドマイヤマーズ。

富士Sの惨敗から一変した香港マイルでの完勝には驚きましたが、

父のようなパワー型マイラーだと考えると納得。

その時以来の競馬となりますが、

昨日の雨が恵みとなりこの馬の持ち味が生きそうな状況。

アーモンドアイより前で立ち回ってしぶとさを発揮してほしいですね。

続いてダノンキングリー。

マイル実績は微妙も東京適性は高く、今年の馬場なら長い距離で実績があることが

プラスに働くと想定します。

前半ついていければここでも面白い存在です。

特注はペルシアンナイト。

安田記念では2年連続で結果が出ていませんが、調教はいつになく動いていますし、

休み明けや過去の実績で人気を落とすなら面白い存在になりそうです。

馬券は馬連◎〇▲☆ボックス、3連複◎〇2頭軸流し。

事故った時を想定して、念のための複式馬券です。

土曜展望

鳴尾記念

トリコロールブルー

◯ラヴズオンリーユー

▲エアウインザー

☆ドミナートゥス

△レッドガラン

△レッドジェニアル

△テリトーリアル

△ブラックスピネル

ヴィクトリアマイルから中2週で挑むラヴズオンリーユー。

斤量にも恵まれていますが、混合戦の実績に乏しく隙が無いわけではありません。

そこで狙ってみたいのはトリコロールブルー。

一昨年前の3着馬で以降OP特別止まりな成績ではありますが、

引っ張る馬がいる中、内で器用に立ち回れる強みが生きそう。

ロスなく立ち回って末を発揮してほしいですね。

馬券は◎の単複、馬連◎軸流し、〇▲☆ボックス、

3連複◎1頭軸流し、〇▲2頭軸流し。

スレイプニルS

◎マスターフェンサー

◯サトノティターン

▲ロードブレス

△エルデュクラージュ

△ダイシンインディー

本命はマスターフェンサー。

前走はあと一歩差し切れませんでしたが、

別定戦かつ少頭数と条件は大幅に好転しました。

まともならまず負けないでしょう。

馬券は馬単◎1着固定流し。3連単◎⇒〇⇔▲以下

ここは人気上位馬による争いになるでしょう。

日曜展望

土曜日は2つとも結果がです。

予想は悪くないと思うのですが、相変わらず馬の選択がへたくそすぎます……

日曜日は予想と馬の選択がかみ合うようにしなくてはいけませんが、

それが簡単にできないから競馬は面白いけど難しいですね。

安土城

◎リバティハイツ

◯ドナウデルタ

▲ボンセルヴィーソ

スマートオーディン

△グランドロワ

△プールヴィル

△プリティカメント

△ラセット

△アマルフイコースト

△アンコールプリュ

抜けた馬がおらず大混戦の様相。

最終週ということもあり前も楽にならないはずで、

京都1400M向きの決め手が重要になりそうです。

本命はリバティハイツ。

昨年このレースで2着して以降結果が出ていませんが、

徐々に調子を上げてきていますので、ある程度位置を取れれば面白いと思います。

馬券は◎の単複、馬連◎軸流し、〇▲☆ボックス、

3連複◎1頭軸流し、〇▲2頭軸流し。

東京優駿

◎コントレイル

◯コルテジア

ダーリントンホール

ガロアクリーク

☆ビターエンダー

△サリオス

△ワーケア

△サトノフラッグ

△ヴェルトライゼンデ

△ヴァルコス

△レクセランス

先週オークスが終わってから、展開、適性、血統などいろいろ考えてきましたが、

コントレイルを逆転できる馬が出てくる絵があまり浮かびませんでした。

この馬が負けるとしたら、

スタートで失敗し、内に入られ位置をとられて後方での競馬を余儀なくされ、

折り合いがつかないまま直線大外を回さざるを得なかったときくらいでしょう。

そんなが起こりえないとは言い切れませんが、前走よりはレースがしやすい枠で、

無観客競馬のスタンド前なら気持ちも落ち着けやすいはず。

好位5,6番手くらいからの競馬が出来ればまず負けないはずです。

相手はひねって決め手があり、好位から脚を使えるにも関わらず人気がない馬。

まずコルテジア。

前走はかなり苦しい競馬になりましたが、じわじわのびて7着。

今回はある程度先行することになるでしょうし、

きさらぎ賞のように早い上がりをなだれ込む競馬が出来れば面白いと思います。

ダーリントンホールは血統からいかにも高速馬場には向かない感じがしますが、

持続的な流れになったときはこの馬の持ち味が生きるはずです。

ある程度前目で競馬をしてほしいですね。

ガロアクリークは正直ここ2戦ほとんど評価をしていなかったのですが、

見せたレースぶりは急成長を思わせるもの。

東京実績ありますし決め手を生かせる流れになれば、再度面白いと思います。

ビターエンダーも得意の東京では大崩れしておらず、

落鉄しながらも勝ち切った前走は見た目以上に評価できます。

調子の維持が課題ですが、

自分のペースでレースが出来れば再度好走の可能性はあると思います。

馬券は馬連◎〇▲☆☆ボックス、3連複◎-〇▲☆☆-〇以下、〇▲☆☆ボックス

白百合S

◎ショウナンハレルヤ

◯ミスニューヨーク

▲ヒュッゲ

☆メイショウボサツ

△プライムフェイズ

本命はショウナンハレルヤ。

2戦連続で不本意な競馬となりましたが、セントポーリア賞の勝ち方から力量は確か。

少頭数で競馬がしやすくなりますので、

とにかくスムーズに競馬が出来れば勝ち負けできるでしょう。

馬券は◎の単勝馬連◎軸流し、3連複◎1頭軸流し

目黒記念

◎ゴールドギア

◯オセアグレイト

▲アイスハブル

☆サトノクロニクル

△キングオブコージ

△ウラヌスチャーム

△タイセイトレイル

△アフリカンゴールド

バラックパリンカ

△ボスジラ

 本命はゴールドギア。

昇級初戦となりますが好タイム勝ちの前走内容が秀逸。

あまり後ろ過ぎると厳しいと思いますが、

追い込めるだけの力は持っていると思います。

母の血統がいかにも目黒記念向きですので、期待は高いです。

馬券は◎の単勝馬連◎軸流し、〇▲☆ボックス、

3連複◎1頭軸流し、〇-▲☆-▲以下

 

土曜展望

曜日感覚ないまま、あっという間に5月が終わろうとしています。

もう明日が日本ダービーなんですね……

緊急事態宣言解除後、東京は週明けからステップ2に移行するそうですが、

競馬は6月も無観客が続き、野球の開幕もまだ。

自分も気分的にはまだ宣言下の状況から何の変化もなく、

現実の動きと感覚の乖離はしばらく続くような気がします。

混み合う電車にも乗りたくないですからね……(これは以前からですが)

 

こんな風に気分はあまり上がらない状況ではありますが、

競馬は非常に楽しみなことにかわりはありません。

まずは土曜競馬をしっかり的中させたいと思います。

葵S

◎ゼンノジャスタ

◯ビアンフェ

マイネルグリット

☆エグレムニ

△ケープコッド

△アルムブラスト

グリンデルヴァルト

△レジェーロ

△ビップウインク

△ワンスカイ

重賞昇級後の2年で3着内に入った馬を見ると、

ローカルコース(特に小倉)の連対実績と上がり34秒台以上の脚での連対実績が、

ともに欲しいところ。

展開面では人気馬を筆頭に行きたい馬が多くおり、

今年は最後一変の可能性を想定します。

本命はゼンノジャスタ。

前走も期待したのですが、明らかに脚を余した格好で4着。

今回さらに距離が短くなり前半ついていけるかがカギになりますが、

中団でロスなく立ち回ることが出来れば、一発の可能性は十分にあると思います。

調教は変わらず絶好ですし、

引き続き騎乗する田中健騎手には意地をみせてほしいです。

相手筆頭はビアンフェ。

近走は成績が上がりませんが、

良馬場で自分の競馬が出来るようなら1200M大崩れはしないでしょう。

マイネルグリッドは早い時計&上がりに課題も、

同世代の1200Mでは能力上位。

調教通りなら今度こそ走っておかしくありません。

特注はエグレムニ。

小倉をはじめ直線平坦コースでの走りがよいので、京都で一変の期待を持っています。

馬券は◎の単複、馬連◎軸流し、〇▲☆、3連複◎1頭軸流し、〇-▲☆-▲以下。

欅S

◎アディラート

◯ミッキーワイルド

▲ダノンフェイス

☆ニホンピロタイド

△ホウショウナウ

△ロードグラディオ

△エレクトロポップ

△タガノアム

本命はアディラート。

自分のペースでレースできないともろい馬ですが、

相性のいい東京と他馬を見ながら立ち回れる外枠で、構想の期待が高まります。

馬券は◎の単勝馬連◎軸流し、〇▲☆ボックス、3連複◎1頭軸流し。

 

 

日曜展望

昨日はメイSがなかなか良い当て方でしたが、平安Sのほうは……

ペース楽に見えていたのですが、

オメガパフュームが早めにプレッシャーをかけたことで、

見た目以上に厳しかったのかもしれません。

しかし、東京はとにかく時計が早いですね。

ペース次第で2分22秒台、下手したら2分21秒台の時計がでるのではないでしょうか。

そのあたりも含めて予想が必要になりそうです。

韋駄天S

◎トウショウピスト

◯ライオンボス

▲ジョーカナチャン

☆ダイメイプリンセス

△カッパツハッチ

△ヒロイックアゲン

△ナランフレグ

△ミキノドラマー

△メイソンジュニア

新潟千直の実績馬がぞろい、千直が好きな人にはたまらないレースになりそう。

ハンデ57.5kgで収まったライオンボスが有利に見えますが、

狙ってみたいのはトウショウピスト。

OPで不振が続きますが、近走は脚を溜める競馬を試して良化を示しています。

千直は昨年のアイビスサマーダッシュで4着に入るなど適性をみせており、

前がやりあう流れになれば一発の可能性は十分にあると思います。

馬券は◎の単複、馬連◎軸流し、3連複◎1頭軸流し、〇▲2頭軸流し。

優駿牝馬

◎デアリングタクト

◯ミヤマザクラ

▲クラヴァシュドール

☆リリーピュアハート

△デゼル

△ウインマリリン

△インターミッション

 △マジックキャッスル

△マルターズディオサ

△ホウオウピースフル

超高速馬場の東京競馬場で、3歳牝馬の2400Mというのはかなり過酷だと思います。

前で引っ張る勢には苦しく、好位、中団から流れに乗って、

最後までしのげる決め手をもった馬が有利でしょう。

本命はデアリングタクト。

かなり厳しい条件だった桜花賞でも、1頭だけ後ろから追い込んで差し切り勝ち。

並の馬が出来るパフォーマンスではありません。

その反動が気になるところではありますが、中間の様子からは問題なさそう。

ある程度の位置で流れに乗って、

直線もまれない外に出せれば2冠達成はまず間違いないと思います。

以下は2着候補ということになりますが、筆頭はミヤマザクラ

2400Mの距離が合うかは正直何とも言えないところですが、

前が苦しい中しのぎきったクイーンCの内容が素晴らしく、

各馬が苦しむ中、しぶとく伸びてくる姿が想像できます。

続いてクラヴァシュドール。

1600M以外の距離は未経験ですが、高速馬場への適性はありそうで、

自在なレースぶりから2400Mも苦にしないでしょう。

面白いのはリリーピュアハート。

前走の忘れな草賞は、内回りと悪馬場で力を発揮できませんでしたが、

良馬場と東京替わりは大きなプラス。

抽選対象にもかかわらず福永騎手がこの馬を選んだのをみると、

かなり不気味な存在です。

馬券は馬連◎-〇▲☆、3連複◎-〇▲☆-〇以下

デアリングタクトの2冠濃厚とみて、点数を絞った馬券で勝負です。