月曜展望

 

昨日のローズSは本命4着も▲-☆の馬連をおさえており、辛くも的中。

シゲルピンクダイヤが先行するのはさすがに予想外でしたが、

まあ仮に後ろから行っても、よくて1つ上の着順だったかなと思える内容でした。

ダノンファンタジーは昨日みたいな馬場で生きる馬ですね。

本番は負けたウィクトーリアや紫苑S組に分があるような気がします。

ラジオ日本賞は、馬の体調を見極められなかったことと、

ローズプリンスダムの逃げを予想出来なかった時点で終わっていました。

セントライト記念

◎タガノディアマンテ

◯エングレーバー

▲ザダル

☆ナイママ

△サトノルークス

△ニシノデイジー

△モズベッロ

△サトノラディウス

△オセアグレイト

△メイショウテンゲン

割れた人気に象徴されるように、とらえどころのないメンバー。

そこに早朝の大雨が重なり混沌とした状態となっています。

馬場は前がよさそうに見えて差しも届くようになっており、

馬場のいいところをスムーズに通れそうな差しから狙いたいですね。

本命はタガノディアマンテ。

春はあと一歩の成績が続きましたが、GIでもおっと言わせる競馬をみせており、

前がしっかりペースを作ればこの馬の決め手が生きるように思えます。

相手筆頭はエングレーバー。

レースぶりに器用さがあり、

母父がこのレースに相性のいいロベルト系のシンボリクリスエスで、

父がオルフェーヴルとなれば買い材料満載ですが、

重馬場適性がやや気になるところです。

プリンシパルSの内容からザダルも当然上位で、

馬場が渋ればナイママの一発も期待出来るかもしれません。

人気どころでは、リオンリオン、ルヴォルグを、

展開、枠、馬場に恵まれないとみて無印としました。

馬券は◎の単複、◯の単勝馬連◎と○軸流し、▲☆、

3連複◎1頭軸流し、◯-▲☆-▲以下。

思い切って大振りしてもいいレースだと思います。

 

日曜展望

先週の日曜日は、本命こなけりゃ相手で決まり、本命くれば相手が抜けという地獄……

普段なら馬連買っていそうなレースで、単複の変形購入をするあたり、

何もかもかみ合っていない感ありますね。

今週は3日間開催で日曜にローズS、月曜にセントライト記念と、

3冠最終戦に向けたレースが東西で開催されます。

混戦メンバーの中でどの馬が勝ち名乗りを上げてくるか、

注目して見ていきたいです。

ローズS

◎シゲルピンクダイヤ

◯アルティマリガーレ

▲ダノンファンタジー

☆ビーチサンバ

△ウィクトーリア

△モアナアネラ

△メイショウショウブ

確たる逃げ馬がおらず、極限の上がり勝負になりそうな予感がします。

隊列が長くならなければ、差し馬にも十分出番があるとみてよいでしょう。

本命はシゲルピンクダイヤ。

春はチューリップ賞桜花賞と連続2着で存在感を示しましたが、

距離が大きく伸びたオークスは惨敗。

1800Mとなる今回も距離は課題になりますが、

ワンターンの阪神1800Mなら問題なくこなせるはず。

頭数が落ち着いたことで大きく外を回されることはなさそうですし、

自慢の決め手を発揮出来れば勝ち負けできるでしょう。

相手筆頭は連勝中である程度位置も取れそうなアルティマリガーレ。

スイープセレリタスよりこの馬の方がローズSの適性はあるように思えます。

馬券は◎の単勝馬連◎軸流し、◯▲☆ボックス、

3連複◎1頭軸流し、◯▲☆

ラジオ日本賞

◎フェニックスマーク

◯ハイランドピーク

▲スウィングビート

☆リーゼントロック

リテラルフォース

マイネルバサラ

△クロスケ

一長一短のメンバーで比較が難しいですが、

流れが一番向きそうなのはフェニックスマーク。

休む前の師走Sがいいところなしでしたが、

立て直して好位からの競馬が出来れば勝ち負けできるでしょう。

馬券は◎の単勝馬連◎軸流し、3連複◎1頭軸流し。

日曜展望

昨日は印上位5頭で決まって馬券取れないという、

逆に難しいのでは?と思える結末でした……

今日は本命来て相手が抜ける予感がしますね……

セントウルS

◎ミスターメロディ

イベリス

▲マテラスカイ

☆ペイシャフェリシタ

△タワーオブロンドン

△ダイメイプリンセス

△ファンタジスト

強行ローテのタワーオブロンドンは開幕週の阪神向きとは思えず。

時計も早く前々で決まるでしょうね。

本命は順当にミスターメロディ。

実績のある中京だったとはいえ、初の1200Mで勝ち切った内容は文句なし。

時計早くなってどこまでついていけるか不安ですが、

3番手くらいから競馬が出来れば馬券内は確保できるでしょう。

馬券は3連複◎1頭軸流し。

人気どころでは阪神不安のアンヴァルを切って勝負です。

京成杯AH

◎ディメンシオン

◯ブロディガルサン

▲グルーヴィット

フローレスマジック

△クリノガウディー

ロードクエスト

△ストーミーシー

△ヒーズインラブ

△ハーレムライン

△トロワゼトワル

天候予報に振り回された人も多そうなレース。

結局良馬場で行われそうです。

近年は短距離指向の馬より1800M、2000Mもこなせる馬が強くなっており、

ディープインパクト産駒の成績が上昇しているのが面白いところ。

今年は非ディープの人気馬がいるので、そこを避けてディープ狙いで行きます。

本命はディメンシオン。

前走はあと一歩の競馬でしたが、時計はまずまずで見どころは十分ありました。

ひと叩きして型どおり上昇していますし、

前半ある程度の位置を取れれば勝ち切ってもおかしくありません。

馬券は◎の単勝、3連複◎1頭軸流し。

単複の変形で勝負です。

土曜展望

主に仕事が原因で体調が絶不調モードに突入しています。

土日の休みで回復せず、そのまま平日無理してさらに体調を崩すという悪循環。

競馬もまともに見れられず、

後でレーシングビューワーで動画をみて確認する程度のことしか出来ていません。

秋競馬も始まり楽しみなレースが増えるので、

土日の気分転換に出来るようしたいところですが……

 

紫苑S

◎フィリアプーラ

◯レッドヴェルディエス

▲カレンブーケドール

☆フェアリーポルカ

△パッシングスルー

△グラディーヴァ

△エアジー

△アップライトスピン

近年、GIに繋がるレースとなった紫苑S

勝った3頭に共通する点といえば、

春から世代限定重賞に挑戦して掲示板に残る成績を残していたということ。

そうなると浮上するのが、上に載せた印の上から5頭。

9月中山の開幕週は差しが決まることを考えると、

一番面白いのはフィリアプーラでしょう。

クラシック2冠は見せ場のないレースでしたが、

中山はマイルとはいえ重賞勝ちを含む2戦2勝。

内めで脚をためうまく外に持ちだすことが出来れば、

一発の可能性は十分あると思います。

相手筆頭は枠を重視してレッドベルディエス

印の上で△になりましたが、パッシングスルーまでは差がないと思っています。

馬券は◎の単複、馬連◎軸流し、ワイド◎-パッシングスルーまで。

日曜展望

夏競馬も佳境に差し掛かり、

今週札幌ではワールドオールスタージョッキーズが行われています。

個人的な優勝候補は、今日の騎乗馬がよいカリス・ティータン騎手ですが、

巧みなレースぶりを見せていたミカエル・ミシェル騎手にも期待しています。

日本勢は戸崎、川田の両名に注目ですね。

また今日は、OP以上の競走が4競走行われるため、

楽しみの多い一日になりそうです。

朱鷺S

◎キョウワゼノビア

キャナルストリート

▲ショウナンライズ

☆アンコールプリュ

△フロンティア

△ストーミーシー

△ツーエムマイスター

トウショウドラフタ

本命はキョウワゼノビア

惜しい競馬が続きますが、夏場後半の新潟は絶好の条件でしょう。

差し切り勝ちに期待します。

馬券は◎の単複、馬連◎軸流し、◯▲☆ボックス、

3連複◎1頭軸流し、◯▲2頭軸流し。

小倉日経OP

◎サ―ブルオール

トリコロールブルー

▲レトロロック

☆ケイティクレバー

△アロハリリー

マイネルフラップ

△アウトライアーズ

△ベステンダンク

本命はサ―ブルオール。

小回り1800Mはベストに近い条件で、

ここ目標に栗東滞在で仕上げてきたことからも、

勝負気配がうかがえます。

馬場も多少悪いくらいは大丈夫でしょう。

馬券は◎の単勝馬連◎軸流し、3連複◎◯2頭軸流し。

キーンランドC

◎リナーテ

◯ダノンスマッシュ

▲ライトオンキュー

☆カイザーメランジェ

△ハッピーアワー

シュウジ

アスターペガサス

△ダイメイフジ

△ペイシャフェリシタ

直線外に持ち出す馬が上位に来ている現在の札幌芝。

ペースもそこそこ流れそうで、差し馬が優勢でしょう。

本命はリナーテ。

近走1400M以下で抜群の安定感を示しており、

前走は流れが向いたとはいえ、余裕を感じる勝ちっぷりでした。

今回も同様に展開が向きそうで外枠ですから、

再度向く可能性は高そうです。

相手筆頭は当然ダノンスマッシュ。

思わぬアクシデントもありましたが、まともなら上位の存在です。

それ以外の人気勢はあまり信用が持てず。

条件向きそうなライトオンキューとカイザーメランジェに一発を期待します。

馬券は◎の単勝馬連◎軸流し、ワイド◎-◯3連複◎◯2頭軸流し。

新潟2歳S

◎タイムマシン

◯ウーマンズハート

▲モーベット

☆ビッグクインバイオ

△グランチェイサー

△トライフォーリアル

△クリアサウンド

△ウインカーネリアン

新馬インパクトの強いウーマンズハートとモーベットに注目が集まりますが、

ローテーションや血統から由来する不安も付きまといます。

本命はタイムマシン。

2戦目で新馬からの変わり身をみせて差し切り勝ち。

前が止まり助けられた感じもありましたが、

仕掛けてからの反応の良さも見せていました。

現在の前が残りにくい新潟は向きそうですし、

道中ある程度の位置につけられれば面白いと思います。

相手は順当にウーマンズハートとモーベット。

面白そうなのは先行しても終いがしっかりしているビッグクインバイオ。

馬券は◎の単複、馬連◎軸流し、3連複◎1頭軸流し、◯▲☆

日曜展望

先週は夏の一大イベントがあったため、予想の更新ができず。

夕方に寝て早朝に起きるのを2日続けた結果、頭があまり回っていなかったので、

更新していても悲惨な結果に終わっていたとは思いますが……

今週は夏の大一番札幌記念と、

波乱を呼ぶ短距離重賞としてすっかり定着した北九州記念が行われます。

どちらも当てたい気持ちの強い重賞なので、狙いどころを明確にして望みたいところ。

これらの他に、新潟メインNST賞の予想も公開します。

北九州記念

◎エントリーチケット

◯アレスバローズ

▲ディアンドル

☆ディープダイバー

△ミラアイトーン

△アンヴァル

△モズスーパーフレア

△クインズサリナ

△ダイメイプリンセス

△ファンタジスト

△ナインテイルズ

いかにも乱ペースになりそうなメンバー。

スムーズにレースが出来てかつ脚をためられるか、だと思います。

本命は大きく振りかぶってエントリーチケット。

OP実績は昨冬のタンザナイトSくらいですが、

小倉で連勝実績があり、決め手もあるので怖い存在です。

対抗は昨年の覇者アレスバローズ。

56kgオーバーの馬が不振のレースですが、

昨年と同じ競馬が出来れば今年も通用しておかしくありません。

3歳馬では短距離にこだわって使ってきたディアンドルが順当に上位。

穴はシゲルスダチの臭いを感じるディープダイバー。

馬券は◎の単複、◯の単勝馬連◎○▲☆ボックス、3連複◎1頭軸流し、

◯▲2頭軸流し。

NST

◎ドリームドルチェ

ここは軽めに本命の単複のみ。

新潟大得意かつ調教絶好なドリームドルチェで堅いと思います。

札幌記念

◎ステイフーリッシュ

ワグネリアン

▲ブラストワンピース

☆クルーガー

△フィエールマン

△サングレーザー

ペルシアンナイト

△サクラアンプルール

札幌2000Mで狙いたいのはキングマンボの血。

となると臨戦過程の割に人気していないステイフーリッシュが絶好のねらい目です。

人気馬が牽制する中、積極的な立ち回りが出来れば一発の可能性は十分にあります。

馬券は◎の単複、馬連◎軸流し、◯▲☆ボックス、

3連複◎1頭軸流し、◯▲☆。

 

日曜展望

小倉記念

◎ストロングタイタン

◯クリノヤマトノオー

▲メールドグラース

☆レトロロック

△アイスハブル

△ノーブルマー

△シャイニービーム

△アドマイヤアルバ

連勝を続けるメールドグラースに注目が集まりますが、

今の小倉を考えると流れと斤量にやや不安あり。

そこで狙ってみたいのはストロングタイタン。

斤量はメールドグラースより0.5kgもらいましたし、

なにより外枠でスムーズにポジションを取れそうなのが好材料

過去2度の小倉記念では結果が出ていませんが、調教は動いていますし、

楽に先行出来そうな今回、3度目の正直があると思います。

馬券は◎の単複、馬連◎軸流し、3連複◎1頭軸流し。

レパードS

◎ブルベアイリーデ

◯ヴァイトブリック

▲ビルジキール

ハヤブサナンデクン

△エルモンストロ

△ハヤヤッコ

△ロードリバーサル

△デルマルーブル

△ブラックウォーリア

デルマルーブルの実績は認めつつ、狙ってみたいのはブルベアイリーデ。

1600M以下で結果を出してきた馬ですが、前走の青梅Sがかなりの好内容。

内めの枠でじっくり脚をためられれば、面白い存在です。

人気どころではヴァイトブリック。

新潟1800Mに変わるのはよさそうで、スムーズな競馬が出来れば巻き返せるでしょう。

馬券は◎の単複、◯の単勝馬連◎軸流し、◯▲☆ボックス、

3連複◎1頭軸流し、◯▲2頭軸流し。