日曜展望

帰省ついでに久しぶりの小倉競馬場来訪。

イベントごとの自粛が進むなかではありますが、

小倉大賞典が行われるアシストもあってか、

十分賑わっていて安心しました。

現地に来たからには、裏のフェブラリーSも含め、

絶対に当てて帰るぞ、という気持ちで挑んでいきます。

 

小倉大賞典

◎ヴェロックス

◯ナイトオブナイツ

▲エメラルファイト

☆アンノートル

△アウトライアーズ

△タニノフランケル

△テリトーリアル

カデナ

△ランスオブプラーナ

このメンバーならヴェロックスで仕方ない、

というか勝って大阪杯なり再びGI戦線にのってほしいです。

ある程度の位置につけて、直線突き放す横綱相撲に期待します。

相手はやや捻って差し馬勢を選択。

特にナイトオブナイツは、重賞で上に来るならこの条件しかないでしょう。

馬券は馬単◎軸1着固定流し、馬連◯▲☆ボックス、

3連複◎◯と◎▲2頭軸流し。

フェブラリーS

サンライズノヴァ

◯インティ

▲ワイドファラオ

☆モジアナフレイバー

アルクトス

ヴェンジェンス

△ミューチャリー

△デルマルーブル

ノンコノユメ

ワイドファラオが控えそうな雰囲気があり、

インティ短期逃げで案外ペースは落ち着きそうな予感。

後方からの競馬をする馬にはきつそうですが、

それなりの決め手は必要になりそうです。

本命はサンライズノヴァ。

南部杯で早めの競馬をして待望のGI級レースを初制覇。

前走はスタートよすぎて先行したのが裏目に出ましたが、

59kgを背負って差し決着のなか5着に粘った内容は評価してよいでしょう。

今回は中団で構える競馬になりそうですし、

直線うまく外に持ち出すことが出来れば中央GI制覇も十分あり得そうです。

相手筆頭は昨年覇者のインティ。

叩き2戦目でマイペースが見込める今回、

人気でも逆らえません。

ワイドファラオは控えた前走でも見所あり、

距離延びて落ち着いて立ち回れればチャンスあり。

特注は急激に力をつけている大井のモジアナフレイバー。

ゲートと芝スタートに戸惑わなければ、

一発あっておかしくない馬です。

馬券は◎の単勝馬連◎軸流し、◯▲☆ボックス、

3連複◎1頭軸流し、◯▲☆。

土曜展望

2週間ぶりのご無沙汰です。

先週は体調劣悪で土日をほとんど寝て過ごしてました。

先々週はきさらぎ賞が、

その印で馬券とれないの?という内容で参りました。

東京新聞杯は抑えの3連複で結果良しも、

予想としては惨敗した1番人気を本命にしているようでは……

穴を狙えば固く収まり、本命から行けば荒れる。

噛み合わなさもここまで来ると笑えて来ますね(笑い事ではない)

京都牝馬S

◎ドナウデルタ

◯プールヴィル

アマルフィコースト

☆メイショウショウブ

実力接近の大混戦。

1400M実績の薄い馬、適正が未知の馬が過度に人気するなら、

1400M実績が確かな馬を狙うしかないでしょう。

本命はドナウデルタ。

良血牝馬がようやく軌道にのり3連勝。

1600Mから1400Mに変わってのものですから、

同距離のここもチャンス十分でしょう。

相手もプールヴィルを始め、1400Mで良さそうな馬を上位にとります。

馬券は◎の単勝馬連◎軸総流し、◯▲☆ボックス、

3連複◎-◯▲-総流し。

ダイヤモンドS

◎ヴァントシルム

◯レノヴァール

▲タイセイトレイル

☆ダノンキングダム

△オセアグレイト

△タガノディアマンテ

△バレリオ

△アドマイヤジャスタ

△リッジマン

△ホポカテペトル

適正が問われる長距離重賞。

万葉S圧勝のタガノディアマンテが人気を集めますが、

東京でも自分のレースが出来るかは未知数。

狙うなら東京適正と長距離適正どちらも感じる馬でしょう。

本命はヴァントシルム。

OPでは今一歩の競馬が続いていますが、

戦績から右回りよりは左回りの方が圧倒的にいい馬で、

今回は願ってもない条件。

道中我慢がきけば、一発の可能性は十分あるでしょう。

相手本線はハーツクライ産駒の2頭と、

東京得意でマイペースなら面白そうなダノンキングダム。

馬券は◎の単複、馬連◎軸流し◯▲☆ボックス、

3連複◎1頭軸流し、◯▲2頭軸流し。

 

日曜展望

先週は◯をつけた馬が1着と2着で、

変に穴狙って外す典型に陥ってしまいました。

反省して今週は、

一番信頼できると思う馬を本命にしようと思います。

……裏目になる気がしなくもないですが。

きさらぎ賞

◎アルジャンナ

◯ストーンリッジ

▲コルテジア

△トゥルーヴィル

△サトノゴールド

小頭数かつキャリア1戦の馬が多い組み合わせなら、

アルジャンナが抜けているでしょう。

前走はコントレイルに完敗ではありますが、

例年なら勝っててもいいような内容だったと思います。

馬場がどうかなんていうのはナンセンスですし、

外からぶっちぎって欲しいですね。

相手筆頭はストーンリッジ。

3歳戦で結果を出す血統なことと、

前走で見せた切れ味が素晴らしかったことを考えると、

重賞でも十分通用するはずです。

コルテジアも距離が延びて積極的な競馬ができれば、

上位に食い込めてもおかしくありません。

馬券は馬連◎軸流し、3連単◎1着固定流し。

東京新聞杯

◎レッドヴェイロン

◯クリノガウディー

▲プリモシーン

ケイデンスコール

△シャドウディーヴァ

△ヴァンドギャルド

△サトノアーサー

モルフェオルフェ

本命はレッドヴェイロン。

故障もあり順調に使えていませんが、

11カ月ぶりの紅葉Sを完勝し、

スタートから噛み合わず、大敗もあり得たキャピタルSでも連確保。

能力は相当に高いと思います。

東京マイルでは信頼度抜群のエリモピクシー産駒で、

好相性の鞍上も確保したなら、負けられない一戦です。

相手筆頭はクリノガウディー。

持ち時計に不安も冬場の東京ならこなせるはずで、

調教絶好、横山典弘騎手確保と来れば面白い存在です。

実績馬ではプリモシーン。

秋2戦は全くいいところがありませんでしたが、復調気配を感じますし、

賞金別定の設定により背負わされる56kgさえこなせれば、

久しぶりの勝利まで見えてきます。 

※収得賞金7000万以上9000万未満で+2kg

特注はケイデンスコール。

NHKマイル以降は精細を欠きますが、

今回は条件が噛み合いそうなので、 道中内で脚をため、

最後外に出すことができれば一発の可能性は十分にあります。

馬券は◎の単勝馬連◎軸流し、◯▲☆ボックス、

3連複◎1頭軸流し、◯▲2頭軸流し。

日曜展望

先週は若駒Sの本命が勝ったくらいで、いい予想をできたとは言い切れず。

AJCCはブラストワンピースを7割の力でも勝ってほしいといいつつ、

印の上で5番手にしたのはさすがにどうかという話ですし、

ミッキースワロー本命も置きにいった上に、

冬場の馬場適性を無視したものだったと思います。

(不利がなくても勝ち切るのは難しかったでしょう)

今週から東京開催も始まり、京都小倉は後半に入ります。

変わりゆく馬場傾向と好調騎手を見逃さずに予想を組み立てていきたいですね。

シルクロードS

◎ジョイフル

◯アウィルアウェイ

▲カラクレナイ

☆ダイメイプリンセス

△レッドアンシェル

ティーハーフ

△エイティーンガール

△モズスーパーフレア

△ディアンドル 

△ディープダイバー

実績だけみるとモズスーパーフレアが断然なのですが、

中山に比べて京都コースでのレースぶりがいまいち。

それが人気に表れているのかなと思います。

レッドアンシェルももっと人気してよさそうなのに、

臨戦過程と福永騎手が乗らない点が嫌われているんでしょうね。

こうなると、勢いあって鞍上との相性も良い馬がねらい目になるかもしれません。

本命はジョイフル。

前走は斤量差があったとはいえ、ナックビーナスを鮮やかに差し切って勝利。

斤量増、京都替わりでどうかですが、

モズスーパーフレアのペースと今の馬場をアシストに、

重賞まで手が届いてもおかしくありません。

相手筆頭はアウィルアウェイ。

デビュー当初の期待からは、やや物足りない部分がありますが、

レース巧者でインでもひるまず競馬ができる点はプラス。

内の逃げ馬を利用して、ロスなく競馬できれば勝ち負けになるでしょう。

ラクレナイも先行できるようになってから崩れなくなり、

今回は枠も恵まれました。

複勝狙うなら一番ベターな馬でしょうね。

特注は冬場の実績はいまいちも、

好調鞍上を背に外からスムーズな競馬が見込めそうなダイメイプリンセス。

馬券は◎の単勝馬連◎軸流し、〇▲☆ボックス、

3連複◎1頭軸流し、〇▲☆

根岸S

◎アードラー

◯コパノキッキング

▲ミッキーワイルド

☆スマートアヴァロン

☆ブルベアイリーデ

△ワイドファラオ

△ダノンフェイス

△ドリームキラリ

△カフジテイク

△ヨシオ

コパノキッキング、ミッキーワイルドの2頭は強そうですが、

それ以下は東京1400Mという条件を考えると、人気とのギャップが大きい印象。

上位2頭に食い込めそうな、人気の盲点となっている馬を狙っていきたいです。

本命はアードラー。

OP実績は1700Mの阿蘇S1勝のみと物足りませんが、

ここ2戦は上がり最速で上位と差のないところにきていますし、

前走もやや内枠だった分、踏み遅れたところもありました。

今回外目の枠を引けたのは良いですし、

直線スムーズに進出し追い出すことができれば、

一発の可能性は十分にあると思います。

人気2頭は当然上位として、穴を狙うなら4枠の2頭。

ともに末脚は確かなものがあり、かみ合えば面白い存在です。

馬券は◎の単複、馬連◎軸流し、〇▲☆☆ボックス、

3連複◎1頭軸流し、〇▲2頭軸流し。

日曜展望

先週の予想は「ひどい」としか言いようのない内容で、

あらゆる要素に対しての着眼点がズレていることを実感します。

今週は少しでもそのズレを小さくして的中を目指していかなくてはなりません。

若駒S

◎ケヴィン

◯シルヴェリオ

アリストテレス

△パンサラッサ

6頭立てと寂しいメンバーになりました。

ただ当てやすいかというと、各馬の調子や実力を図りづらい状況で、

そう簡単ではなさそうです。

本命はケヴィン。

2000Mにこだわったレース選択は好感が持てますし、

堅実な末脚を発揮できれば突き抜けておかしくないと思います。

馬券は◎の単勝馬連◎軸流し、〇▲。

ラインベックは実績ほど強さを感じず、

2000Mも決してあっているとは思えないので、ここは切って勝負です。

東海S

◎ビルジキール

◯エアアルマス

▲インティ

☆ヒストリーメーカー

△スマハマ

ヴェンジェンス

△コマビショウ

△キングズガード

△モズアトラクション

みやこSで共倒れしたインティとスマハマ、

前走砂かぶってレースにならなかったエアアルマス。

メンバーや枠は異なれど、同じことになる不安は付きまといます。

3頭の内、1頭以上崩れる状況を想定したとき、

レースぶりに進境をみせているにもかかわらず、

実績不足で人気がない馬を狙ってみたくなります。

本命はビルジキール

3歳春は500万を勝ち上がるのも苦労するような馬でしたが、

交流戦を勝ち上がってからレースぶりが変化。

溜めて切れる競馬で勝ち上がった前走と同じようなレースができれば、

重賞で馬券になってもおかしくないと思います。 

相手筆頭はエアアルマス。

人気3頭では一番展開利を得られそうで、

スタート決めて砂をかぶらないポジションが取れれば勝ち負けできるでしょう。

穴ではコース巧者で前走我慢の聞く競馬が出来たヒストリーメーカー。

行く馬が多く今回も同じ競馬になる可能性が高いので、面白い存在です。

前走乗り替わりで勝たれ悔しい思いをした畑端騎手にとっては、

絶好のチャンスだと思います。

馬券は◎の単複、馬連◎軸流し、〇▲☆ボックス、3連複◎1頭軸流し、〇▲☆

AJCC

◎ミッキースワロー

◯ニシノデイジー

▲ラストドラフト

☆サトノクロニクル

△ブラストワンピース

△ステイフーリッシュ

△スティッフェリオ

△ウラヌスチャーム

実績がはるかに抜けているブラストワンピースですが、

勝負度合いはいかほどでしょうか。

今回のメンバーなら7割の仕上がりでも勝ってほしいくらいですが、

冬場に一頓挫あってのレースとなると、

530kg台で出てこれたとしても、数字ほど絞れていない可能性があります。

それなら条件実績のあるミッキースワローが軸として最適でしょう。

スティッフェリオに落逃げされたオールカマー

斤量と展開に恵まれたといえない福島記念では勝ち切れませんでしたが、

馬券を外すことはありませんでした。

調子落ちはみられないので、今回も馬券内は確実そうですし、

鞍上が横山典弘騎手に代わることで、好位確保やイン強襲など、

柔軟な戦法を取ることから頭まで期待が持てると思います。

相手筆頭は田辺騎手への騎手交代がうまくいきそうなニシノデイジー

穴では長期休養明けでも条件適正ありそうなサトノクロニクルが面白そうです。

馬券は馬連◎軸流し、3連単◎⇒〇⇔▲以下

日曜展望

ジャニュアリーS

◎ヒザクリゲ

◯レッドアネラ

▲ドリュウ

☆アシャカダイキ

シュウジ

△ハングリーベン

△エポック

△ハットラブ

△オールドベイリー

カペラS4着のアシャカダイキが鞍上替わりで人気を集めますが、

終いが甘いため、取りこぼす可能性は十分にあります。

本命はヒザクリゲ。

ここ2戦、出遅れて力を発揮できていませんが、

条件戦を連勝時の内容をみても、OPを勝てる力は十分に持っています。

外枠は好材料ですし、ダート戦績の良いミナリク騎手替わるのも魅力的。

ここで狙わずしてどこで狙うのかという状況ですね。

馬券は◎の単複、馬連◎軸流し、3連複◎1頭軸流し、3連単◎⇒〇⇔▲以下

日経新春杯

◎アフリカンゴールド

◯タイセイトレイル

▲レッドジェニアル

☆ロードヴァンドール

△レッドレオン

△プリンスオブぺスカ

△サトノガーネット

△マスターコード

実績馬、好調馬はさほどおらず、格上挑戦の軽量4歳馬に人気が集まる様相ですが、

勝って勢いがついているわけではなく、人気ほど信頼はできないと思います。

5歳以上の馬を重視した方がよさそうです。

本命はアフリカンゴールド。

夏に去勢して4戦目となりますが、重賞の前走でも差のない走りができており、

レースぶりは向上しています。

上がりのかかる馬場のほうがあっていると思いますし、

後ろから行く人気馬が多い中先行できるのは魅力。

軸にするには最適ですね。

相手はタイセイトレイル。

馬場が悪くなりすぎると不安でしたが、良馬場でできそうなのはなにより。

◎と同斤量のままなのはプラス材料ですし、

自分の力を発揮できれば勝ち負けできると思います。

4歳ではレッドジェニアル。

やや急仕上げ気味なのは気になりますが、

京都重賞を勝っており、血統的にも魅力たっぷりなので評価は落とせません。

穴には2年前2着のロードヴァンドール。

逃げなくてもレースできますし、自分のペースで走れば粘りこみもありそうです。

馬券は馬連◎軸流し、〇▲☆、3連複◎1頭軸流し、〇▲☆。

京成杯

◎ロールオブサンダー

◯ヒュッゲ

▲ゼノヴァース

☆ヴィアメント

△ビターエンダー

△キングオブドラゴン

△クリスタルブラック

能力比較がしづらいメンバーによる対戦。

戦法が固まっているともいいづらく、展開予想も非常に難しいです。

近走成績だけ見ると先手争いがかなり激しくなりそうですが、

無理にでもというタイプはおらず、序盤はそれほど早くならないと思います。

そうなると枠からある程度いい位置を取れそうなロールオブサンダーがねらい目。

人気薄の連勝、前走も3着とはいえ完敗だったので、実績ほど人気していませんが、

レースぶりは使うごとによくなっていますし、

時計のかかる中山なら大威張りできる存在です。

人気どころがけん制しあうなら、早めに動いて押し切ってほしいですね。

相手は筆頭はヒュッゲ。

逃げて2連勝でここも展開のカギを握りますが、

競られて折り合いを欠かなければここでも勝ち負けできそうです。

以下、鞍上絶好調で前走いい勝ち方だったゼノヴァースと、

タフな馬場で一発狙ってきそうなヴィアメント。

スカイグルーヴは前走圧勝ですが、血統、生産牧場、馬主、鞍上で明らかな過剰人気。

ここは切って勝負してもいいでしょう。

馬券は◎の単勝馬連◎軸流し、〇▲☆ボックス、

3連複◎1頭軸流し、〇▲2頭軸流し。

 

 

土曜展望

先週の予想を振り返ると、日曜はよかったのですが、月曜がさっぱり。

自信があったのは月曜日のほうだったんですけどね……

そんなベタすぎる競馬あるあるにもめげず、今週も予想に挑みます。

土曜はOP以上の競走が3つありますが、載せるのは小倉の愛知杯のみです。

愛知杯

◎リリックドラマ

◯センテュリオ

▲フェアリーポルカ

☆ポンデザール

△パッシングスルー

アルメリアブルーム

△アロハリリー

今年は小倉開催の愛知杯

エリ女上位勢が出走し、波乱はなさそうにも思えますが、

天候不良と1月の小倉を考えると、人気通りにはいかないと思います。

狙ってみたいのはリリックドラマ。

マイペースで行けないともろい馬ですが、

夏の札幌では中山金杯2着のウインイクシードと接戦していますし、

重馬場、斤量のアシストが加われば面白い存在だと思います。

相手筆頭は人気でもセンテュリオ。

馬場はこなせそうですし、スムーズな競馬ができれば大崩れはなさそうです。

以下前でしぶとく立ち回れるフェアリーポルカと、

小回り向きの決め手を持っているポンデザールを上位に取ります。

馬券は◎の単複、馬連◎軸流し、〇▲☆ボックス、3連複7頭BOX