土曜展望(201205)

3頭の3冠馬対決で盛り上がったJCは、

引退レースのアーモンドアイが有終V。

この馬向きの時計が出る流れになったのも良かったですが、

前半の位置取り、コース取り、仕掛けるタイミングともに完璧で、

ルメールジョッキーがGIでなぜこれだけ結果を出せるかを象徴する内容でした。

コントレイルの福永騎手には、勝ち馬のレースぶりを考えると、

もう少し前でレースをしてほしかったのですがね。

もちろん、結果論でしかないのですが。

 

変わって今日は中山でステイヤーズS阪神でチャレンジCと2重賞が行われます。

前者は混戦、後者は堅い予感がしますが、どうなるでしょうか。

 

ステイヤーズS

◎オセアグレイト

◯シルヴァンシャー

▲タガノディアマンテ

ヒュミドール

△ゴールドギア

△ボスジラ

△タイセイトレイル

アルバート

△メイショウテンゲン

△ポンデザール

条件実績馬の調子が上がらず、人気上位馬も適性は未知。

近年は比較的落ち着いた結果の多いレースですが、

昨年同様波乱の目はあると思います。

個人的にこのレースで大事にしているのは、

中央実績は評価してよいが、ローカル実績(特に2600Mの実績)を過大評価しないこと、

中山実績がなくても軽視しないこと、

血統、特にノーザンテーストサドラーズウェルズの血に注目することの3点です。

そこで狙いたいのはオセアグレイト。

ダイヤモンドSの3着以降はあらゆる面がかみ合わず人気を裏切り続け、

休み明けの前走もいいところなしでしたが、

結果が出ている冬シーズンになり、そこそこ上がりのかかる条件に代わるのもプラス。

長距離巧者の鞍上が、ある程度位置を取ってレースを進めてくれれば、

一発の可能性は十分にあると思います。

相手筆頭はシルヴァンシャー。

関東でのレース経験がほとんどないのは不安ですが、

レースぶりからスタミナ勝負には強そうなので、

内でじっくり競馬が出来れば上位に食い込めるでしょう。

以下、◎と同じ父を持つ、タガノディアマンテ、ヒュミドールを上位に取ります。

馬券は◎の単勝、ワイド◎-○、馬連◎軸流し、〇▲☆、

3連複◎1頭軸流し、〇▲2頭軸流し。

チャレンジC

ブラヴァ

◯ヒンドゥタイムス

▲レイパパレ

△ジェネラーレウーノ

△ナイママ

 

4戦4勝のレイパパレに注目が集まりますが、

内回り2000Mで果たしてこれまでのような競馬が出来るかどうか。

ここは先輩馬が意地を見せる気がしています。

本命はブラヴァス。

距離にもコースにも十分な実績がある馬が56kgで出られるのですから、

変な出遅れや折り合いを欠くようなことがなければ、

まず勝ち負けは間違いないでしょう。

馬券は◎の単勝馬連◎-○▲、ワイド◎-○、3連単◎⇒○▲⇒○以下

日曜展望(201129)

今年のJCは、出走馬、特に上位3頭の実績だけをみれば、

史上最高といっても過言ではないでしょう。

そんな日は現地で楽しみたかったところですが、

抽選漏れで自宅観戦となりました。

まあJRAカードを持っていないのに当選は無理ですよね……

ただ、馬券の軸としては3頭とも不安があって強気には出来ないという。

贅沢な話ですけどね。

ここは馬券は控えめにして観戦を楽しむレースにしたほうが良いかもしれません。

馬券的に面白いのは阪神のOP、重賞ではないかと思いますので、

気合を入れた予想で挑みます。

カノープスS

◎メイショウカズサ

◯バーンスター

▲ダノンスプレンダー

☆ハナズレジェンド

△ネオブレイブ

△ナムラアラシ

△ビルジキール

マイネルユキツバキ

まだ底を見せていないメイショウカズサが、メンバー展開的にも恵まれそう。

断然人気でもここは軸不動でしょう。

相手は素直にダノンスプレンダーでもよさそうですが、

スタート難ありでまともに勝負に行くと失速の可能性も。

そこで阪神の決め手勝負で面白そうなバーンスターと、

外枠&ダート替わりがよさそうなハナズレジェンドの食い込みに期待します。

馬券は馬連◎-○▲☆、3連単◎⇒○▲☆⇔○以下

ジャパンカップ

◎コントレイル

◯グローリーヴェイズ

▲デアリングタクト

☆キセキ

△アーモンドアイ

△ミッキースワロー

△カレンブーケドール

今の東京馬場は、後ろからではまず届かないですが、

スローに落とさない限り前に行き過ぎても厳しいところ。

ヨシオ、トーラスジェミニがいるここは、

流れが読めず取りつく位置に苦労しそうな予感があります。

そうなると、ある程度の位置につけられて、

多少タフな展開もものともしない馬が有利でしょう。

本命はコントレイル。

疲れやローテーションなど言われていますが、

直前の追切だけ見たら不安はなさそう。

枠はちょうどいいところを引きましたし、

5,6番手から競馬をして、競り合いに持ち込めれば父超えを達成できると思います。

相手はグローリーヴェイズ。

前半の位置取りがカギになりますが、今の東京はあいそうで、

馬場の中ほどから追走できれば頭まであると思っています。

デアリングタクトは相手関係が言われていますが、

この馬自身の強さは揺るがないでしょう。

後ろ過ぎない位置になれば上位進出は可能です。

特注はキセキ。

スタート決めて3番手くらいからペースを握ることが出来れば

ひょっとするかもしれません。

馬券は単勝◎、馬連◎軸流し(除くアーモンドアイ)、

3連単◎○⇔◎○⇒▲以下、◎⇒▲以下⇒○

 

京阪杯

◎ジョーカナチャン

◯カレンモエ

▲タイセイアベニール

☆トゥラヴェスーラ

△レッドアンシェル

△フィアーノロマーノ

△アンヴァル

△ジョイフル

△リバティハイツ

ロードカナロア

今の阪神は、短距離ほど前が止まらない印象。

メンバー的にハナを切りそうなジョーカナチャンが絶好のねらい目でしょう。

前走はモズスーパーフレアのペースで差し優勢の流れとなり、

持ち味を発揮できず。

直線の坂に不安は残りますが、ラチを頼った逃げが出来れば押し切れると思います。

相手筆頭は良血カレンモエ。

過剰人気ではあると思いますが、崩れない強みが重賞で生きると思います。

馬券は◎の単勝馬連◎軸流し、〇▲☆ボックス、ワイド◎-○

3連複◎1頭軸流し、〇▲2頭軸流し。

日曜展望(201122)

日頃の疲れなのか、15時まで寝てしまうありさま……

GIが開催される日曜日ですが、

レースまで時間がないため軽めの予想だけ載せることにします。

マイルCS

◎ラウダシオン

◯グランアレグリア

▲インディチャンプ

サウンドキアラ

△サリオス

△アドマイヤマーズ

△レシステンシア

△アウィルアウェイ

△ヴァンドギャルド

スピード馬場の阪神ならある程度前に行けたほうが良いように思えます。

ある程度早い時計を経験したことがある馬から一発が狙えるのではないでしょうか。

本命はラウダシオン。

春の3歳マイル王者は中々大成しませんが、

56kgを背負い先行して粘りこんだ前走は見どころがあり、

ここもレシステンシアに乗って好位置を取れれば大物食いもありうると思います。

唯一崩れたことのある阪神マイルでも、

今の馬場ならこなしてくれるでしょう。

馬券は◎の単複、馬連◎軸流し、ワイド◎-○、3連複◎1頭軸流し、〇▲☆

 

日曜展望(201115)

昨日は外出で予想を載せられませんでしたが、

京都JS、武蔵野Sと注目レースに波乱が起きた1日でしたね。

オジュウチョウサンは、単勝1.1倍で負けたわけですが、

決して得意な条件ではなかったと思うので、その点は仕方がないかなと。

ただ、最終障害でトモをぶつけているので、

年末までうまくケアできるかは心配なところです。

武蔵野Sサンライズノヴァが東京マイル適性を示した形。

チャンピオンズSはどうかも、

フェブラリーSではまだチャンスがありそうな気がします。

 

変わって日曜は、OP重賞が2歳戦も含めて5レースも行われる日。

全てじっくり予想することは出来ないので、福島2歳Sはパスしますが、

残り4レースは印から買い目まで紹介します。

オータムリーフS

◎レシプロケイト

◯スマートセラヴィー

▲テーオーターゲット

☆ニホンピロタイド

△ヒラソール

△ヴァニラアイス

△デザートストーム

△メイショウギガース

メンバーの実力が拮抗しており、ペースも読みづらい難解なレース。

そんな中でも、流れを問わず崩れないレシプロケイトに期待します。

スタート決めて流れに乗れればここでの勝負になると思います。

馬券は◎の単複、馬連◎軸流し、ワイド◎○。

福島記念

◎ヴァンケドミンゴ

マイネルサーパス

▲バイオスパーク

☆ウインイクシード

△テリトーリアル

△ドゥオーモ

デンコウアンジュ

マイネルファンロン

△アドマイヤジャスタ

△トーラスジェミニ

外のほうが良い馬場状態で、

緩まない流れで引っ張りそうなメンバーが集まったここは、

ベタに差し重視の予想で問題なさそうです。

本命は人気ですがコース巧者のヴァンケドミンゴ

中団から早めに動いていく競馬が出来ればまず勝ち負けできるでしょう。

馬券は馬連◎軸流し、ワイド◎○、3連複◎-○▲☆-○以下

オーロC

ケイデンスコール

◯ダノンチェイサー

▲ザイツィンガー

☆メイショウキョウジ

△ストーミーシー

△スマイルカナ

△プールヴィル

△アンコールプリュ

△ハーレムライン

内が荒れており、各馬外に出す傾向は先週から変わらず。

差し優勢とみて本命はケイデンスコールにしました。

前走も前が残る中よく追い込んできているので、復調気配を感じます。

今回は外に出しすぎず、

馬場の中をついて伸びてくることが出来ればチャンスはあると思います。

馬券は◎の単複、馬連◎軸流し、ワイド◎-○、3連複◎1頭軸流し、〇▲☆

エリザベス女王杯

◎ノームコア

◯ラヴズオンリーユー

▲センテュリオ

エスポワール

△ラッキーライラック

△シャドウディーヴァ

△サラキア

△ソフトフルート

△ウインマリリン

△ウラヌスチャーム

阪神替わりで開催2週目の芝。

例年より時計の早い決着が見込まれ、

例年とは来る馬の傾向が変わりそうな気がします。

力でねじ伏せるというより、スピードの勝った馬が有利ではないでしょうか。

本命はノームコア。

マイルで高速時計を記録するスピードを持った馬が、

中距離仕様にシフトした前走札幌記念も完勝。

久しぶりのレースになりますが、

高速馬場の阪神競馬なら、後ろから行き過ぎなければまず勝ち負けになるでしょう。

2200Mも問題ないと思います。

相手筆頭はラヴズオンリーユー。

前走はよもやの敗戦でしたが、

少頭数かつタフな馬場で競馬しづらかった印象があります。

鳴尾記念の結果からも、コース代わりと距離延長は間違いなくプラスでしょう。

距離とコース経験からセンテュリオも差がなく、

内に潜り込めた時のエスポワールに一発の魅力を感じます。

馬券は◎の単勝馬連◎-○▲☆、ワイド◎-○、3連複◎○2頭軸流し。

日曜展望(201108)

 

昨日は1/2的中でまずまずの結果。

ただ、京王杯はパドックを見ながら予想を書いたのが裏目といいますか……

モントライゼ、本馬場入場の時はある程度落ち着いていましたが、

あのパドックの状況で本命に出来るかというと難しかったです。

ファンタジーSのメイケイエールといい、

若駒は潜在能力で何とかしてしまうところがあるので、

あまり余計なことを考えないほうが良いかもしれません。

日曜の2重賞は順当そうに見えて波乱の目がありそうなメンバー。

条件替わりで一変しそうな馬を狙いたいですね。

アルゼンチン共和国杯

◎サンアップルト

◯ユーキャンスマイル

▲サンレイポケット

☆ゴールドギア

オーソリティ

△オセアグレイト

△トーセンカンビーナ

△タイセイトレイル

△バレリオ

△アールスター

ユーキャンスマイルは間違いなくこの中では一番強い馬だと思いますが、

目標は先でハンデ戦の58kgだと、取りこぼす可能性がないともいえません。

2,3着に負けたときに逆転できそうな馬を考えたところ、

行きついたのがサンアップルトン。

前走は休み明けかつ太目残りの中、まずまずの競馬。

外差し馬場で持続力勝負に持ち込めれば面白い存在です。

馬券は◎の単複、馬連◎軸流し、ワイド◎-○、3連複◎1頭軸流し、〇▲☆

みやこS

◎クリンチャー

◯ヒストリーメイカ

▲スワーヴアラミス

☆ワイドファラオ

△エアアルマス

△ベストタッチダウン

△ナムラカメタロー

本命はクリンチャー。

今回は良馬場の引き締まった競馬になりそうで、調教も好転し

ようやく勝つチャンスが巡ってきました。

前を射程圏に入れる競馬で積極的に立ち回ってほしいですね。

馬券は◎の単勝馬連、ワイド◎-○、3連複◎○2頭軸流し。

土曜展望(201107)

JBCデーは悪くない予想なのに、馬券は1つだけしか当てられず。

サブノジュニア本命、ブルドッグボス対抗で外したスプリントが特に痛いですね……

普段なら単複も買うところ、spat4のポイント付与を考え買わなかったことが裏目

雨の影響が残る馬場でマテラスカイを外したことにも疑問が残る予想でした。

今週の中央はGIの谷間となりますが、GIに向けて注目のレースが盛りだくさん。

まずは土曜日の2歳2重賞を当てて流れに乗りたいところです。

京王杯2歳S

◎ニシノガブリヨリ

◯モントライゼ

ユングヴィ

ジャガー

△リフレイム

△ブルーシンフォニー

△ストライプ

△リメス

△クムシラコ

△プルスウルトラ

近年は少頭数で行われることもあったレースですが、

今年は5年ぶりのフルゲート。

上位人気は気性やゲートに難を抱える馬たちなので、

流れ次第では大波乱もありえそうです。

狙いたいのはニシノガブリヨリ。

新馬勝ちを収めた小倉1200Mの勝ち時計は平凡も、

好位から長く脚を使った内容は好印象。

1400Mへの延長にも対応できそうですし、

一番伸びそうな馬場の中ほどを通れそうなので、

行く馬を見る位置で競馬が出来れば一発の可能性は十分にあると思います。

相手は落ち着いて望めれば実力上位のモントライゼ。

東京1400Mで好内容勝ちのユングヴィ、ジャガードも面白い存在です。

馬券は◎の単複、馬連◎軸流し、〇▲☆、3連複◎1頭軸流し、〇▲2頭軸流し。

ファンタジーS

◎ラヴケリー

◯ヨカヨカ

サルビア

☆メイショウイチヒメ

△メイケイエール

△ミニーアイル

オパールムーン

セレッソフレイム

 

阪神開催かつスピード自慢が揃い、決め手勝負になりそうな予感がしています。

本命はラヴケリー。

新馬戦こそ逃げ切り勝ちも、以降2戦は差す競馬で3,2着。

1400Mの距離も問題ないので、後ろ過ぎず前を射程圏に入れながらレースが出来れば、

ここでも差はないと思います。

馬券は◎の単複、馬連◎軸流し、3連複◎1頭軸流し、〇▲☆

JBC2020展望

天皇賞・秋は、センスのなさを露呈する最悪な予想でしたね。

まさかダノンキングリーがあそこまでダメとは……

軽めの調教も折り合い不安を意識してのものと思っていましたが、

あそこまで馬がレースへのやる気を出さないとは思わず。

それにしてもアーモンドアイは横綱相撲の強い競馬。

圧勝だった昨年よりは差が詰まったものの、

ドスローから後半一気にペースアップする競馬でしのぎ切ったのは、

この馬の力を示すものだったと思います。

2着のフィエールマンも当初の想定と違う使い方で2着に来るのだからさすが。

コースはあっていると思いましたが、距離よりローテーションで嫌ったんですよね……

自分の見る目のなさはここでも出てしまった格好です。

 

気を取り直して、今日は地方競馬の祭典JBC

2歳優駿が行われる門別との同日開催については賛否あると思いますが、

取り組みとしては面白いと思います。

個人的に、2歳優駿が今後も門別開催ならば、

前日開催にしても良いと思いますけどね。(騎手の采配もありますし)

今年のメンバーに目を移すと、

レディスクラシックとクラシックには不動の軸がいて、

2歳優駿とスプリントは軸の定まらない大混戦といった感じ。

全レース的中を目指すためには

JBCレディスクラシック

◎マルシェロレーヌ

◯レーヌブランシュ

▲プリンシアコメータ

サルサレイア

△ダノンレジー

マドラスチェック

△ファッショニスタ

△シネマソングス

ダートに転戦してワンサイドゲームで2連勝を決めたマルシェロレーヌ。

前走よりメンバーが強化された印象はなく、

むしろサルサディオーネがレースを引き締めてくれそうなので、

よほどのことがない限りは負けないと思います。

唯一逆転の可能性があるとすれば、

内からスルスル抜け出してきた時のレーヌブランシュでしょうか。

前走は不良馬場が合わなかった感じで、

53kgへの斤量減+最内枠の恩恵によって頭まであるかもしれません。

プリンシアコメータは前走外に張られ続けて負けた印象なので、

縦長の展開になりそうな今回のほうがプラスでしょう。

特注はサルサレイア。

中央では1000万も勝ち切れず、転厩初戦の前走も惨敗ですが、

姉と違って決め手勝負で力を発揮する馬なので、

流れが向けばひょっとするかもしれません。

馬券は馬連◎-○▲☆、3連単◎-○▲☆-○以下

JBCスプリント

◎サブノジュニア

ブルドッグボス

ジャスティ

☆ミスターメロディ

△コパノキッキング

△トロヴァオ

△モズスーパーフレア

△キャンドルグラス

△サクセスエナジー

モズスーパーフレアの参戦に加え、

ノブワイルド、マテラスカイ、ヒロシゲゴールド、クルセイズスピリツと、

逃げ自慢が揃ったレース。

そういう時に限って、消耗戦となり後続も脚が残らず前残りなんてこともありますが、

普通に考えれば差し有利でしょう。

狙いたいのはサブノジュニア。

前走は後方から脚を伸ばしましたが及ばず5着。

今回1kg増となりますが、背負いなれた斤量ですし、

外枠から内枠にかわるのもプラス。

前半の位置取りが後ろになりすぎなければ、

枠の利を生かして勝ち負けまで持ち込めると思います。

相手筆頭はブルドッグボス。

外枠で位置取りがカギになりますが、

得意の大井1200Mで57kgなら連覇の可能性は十分にあると思います。

以下、57kgが鍵も、好位で流れに乗れたら強いジャスティン、

ワンターンの1200M、消耗戦で面白そうなミスターメロディを上位に取ります。

馬券は馬連◎軸流し、〇▲☆ボックス、3連複◎1頭軸流し、〇▲☆。

JBC2歳優駿

◎タイセイアゲイン

◯ラッキードリーム

▲プライムデイ

☆サハラヴァンクール

△カズカポレイ

シビックドライヴ

△レイニーデイ

中央勢も地元+大井の地方勢も一長一短あり、軸選びの難しいレース。

意外と行きたい馬が多く、乱ペースが予想されるため、

好位で我慢して脚を伸ばせる馬が有利と考えます。

本命はタイセイアゲイン。

初の右回り、長距離遠征、中2週と気になる点は多いのですが、

見どころ十分の連勝内容からあっさり克服してくれるでしょう。

直線がそれなりにある門別なのもプラスだと思います。

相手筆頭は地方からラッキードリーム。

前目でしぶといレースぶりから、

流れに乗れればこのメンバーでも通用すると思います。

馬券は3連単1着固定流し、3連複◎1頭軸流し。

JBCクラシック

◎クリソベリル

◯チュウワウィザード

▲オメガパフューム

☆ダノンファラオ

△デルマルーヴル

△ミューチャリー

サウンドトゥルー

△アングライフェン

帝王賞のレースをみれば、クリソベリルに死角はなさそう。

このメンバーなら砂をかぶらずスムーズに2,3番手で運べる出来るでしょうから、

展開面でも有利に働くはずです。不動の1着。

相手もチュウワウィザードとオメガパフュームで問題なし。

オメガが最内を引いた分、スムーズに回れそうなチュウワを上位としました。

本来ならこの3頭で決着しそうに思えますが、

果敢な逃げを打つことが出来た場合のダノンファラオに、

チュウワ、オメガの牙城に食い込める可能性があると見ています。

残りは、展開が相当紛れたときの3着候補です。

馬券は3連単◎⇒○▲☆⇒○以下

基本は◎⇒○▲☆⇒○▲☆の馬券で、残りは抑えの抑えといったところです。